静岡空港

静岡空港への定期路線バスの時刻表について

静岡空港は静岡県の島田と牧之原両市にまたがって位置している空港で、静岡県の中心である静岡市からは直線で約30qの距離があります。静岡空港の最寄り駅は直線距離で6qの位置にあるJR東海道本線の金谷駅ですが、ここから静岡空港への定期路線バスは運行されていません。空港からの定期路線バスがあるのは島田、掛川、静岡の3駅です。島田駅と空港を結ぶバスは1日21便あり、時刻表では6時55分が始発で、その後7時55分、8時55分、9時55分と続きます。10〜11時までは20分と55分発です。12〜13時は20分、50分発です。14時40分の後、15時には00、20、40分の3本があり、16〜17時は30分発です。その後は18時40分、19時20分とあり、20時00分発が最終となります。定員8名の小型車両で運行する場合があるので、予約をした方が無難です。掛川駅から出発するのはFDA搭乗者限定の無料バスです。1日4便で、時刻表は6時40分の始発以後、10時55分、12時50分、15時05分となっています。静岡駅と空港を結ぶバスは1日7便が運航されています。始発は新静岡駅で時刻表では6時26分、9時41分、11時11分、12時01分、13時01分、14時21分、16時31分発となっています。静岡 脱毛サロンを予約する時に入念に調べたのですから間違いはありません。ちなみに私は広島に住んでいます。

静岡空港から発着する海外旅行ツアーについて

静岡空港には韓国・ソウル、中国・上海及び武漢、台湾・台北への国際便があり、週3〜4便が発着しています。これらの便を利用して空港周辺地域の居住者を対象に、様々な静岡空港発着の海外ツアーが県内外の旅行代理店などによって企画・販売されています。例えば2015年にはソウルの2泊3日〜3泊4日のコースが、超低額の1万5千円弱から約15万円までの費用で200種類以上、台北市内見学から台湾周遊コースの2泊3日から4泊5日のコースが、旅行費用3万円弱から15万円超までで300種類以上、中国・上海の2泊3日から4泊5日コースが、約7万円〜15万円の幅で25種類もあります。また、静岡空港初就航となるアジアアトランティック航空のカンボジアへのチャーター便が運行されるのに伴い、地元静岡県内にある旅行代理店の主催により、2015年1月には世界遺産アンコール遺跡へのツアー、3月にはシンガポールへのツアーが企画販売されています。

札幌、福岡、鹿児島、沖縄の4路線がある静岡空港発着の国内便

静岡空港は韓国・ソウル、中国・上海及び武漢、台湾・台北の経由便を含む4路線の国際便と、札幌、福岡、鹿児島、沖縄の4路線の国内便が就航しています。静岡空港の国内便は、札幌線が1日1便、利用空港は新千歳空港、キャリアはANA、利用機材は176席のボーイング737-800となっています。福岡線は1日3便で、利用空港は福岡空港、キャリアはJALとFDAのコードシェア便、利用機材は76席のエンブラエル170又は84席のエンブラエル175となっています。鹿児島線は1日1便、鹿児島空港利用で、キャリアはFDA、利用機材は76席のエンブラエル170又は84席のエンブラエル175となっています。沖縄線は1日1便、那覇空港利用で、キャリアはANA、利用機材は利用機材は176席のボーイング737-800となっています。他にも静岡空港では2015年2月16〜18日のミステリーツアー、同月19〜21日の道後・ことひらの四国二大名湯を楽しむツアー、同月22〜24日のみちのくツアー、3月12〜14,18〜20,21〜23日の沖縄島巡りツアーなどのチャーター便が企画されています。キャリアはFDAです。

沖縄・那覇空港への定期路線を持つ静岡空港について

静岡空港は静岡県の島田市と牧之原市にまたがっている地方管理空港で、2009年に開港しました。 愛称は「富士山静岡空港」と言い、全長2500mの滑走路を持っています。乗り入れている航空会社は国内線が札幌と沖縄を結んでいる全日本空輸と、福岡を結ぶ日本航空とフジドリームエアラインズとのコードシェア便、鹿児島を結ぶフジドリームエアラインズとなっています。札幌、鹿児島、沖縄便は1日1往復、福岡便は1日3往復で、札幌は新千歳空港、沖縄は那覇空港、福岡は福岡空港となっています。国際便はソウルと結ぶアシアナ航空、上海と武漢を結ぶ中国東方航空、台北を結ぶチャイナエアラインがあります。静岡空港への鉄道の最寄り駅はJR東海道線の金谷駅で、空港まではタクシー利用で約6qとなっています。バスはJR東海道線の静岡駅及び島田駅からの路線バスがあります。また、フジドリームエアラインズ便利用者のための無料アクセスバスがJR掛川駅から発着しています。タクシーについては静岡県内の島田駅、静岡駅、清水駅、蒲原地区、富士・富士宮地区、沼津・三島地区の各地域から定額運賃で利用できます。

韓国・中国・台湾への国際便がある静岡空港

静岡空港は2009年に開港された地方管理空港で、富士山静岡空港と言う愛称を持っています。静岡空港には現在4本の国内線と、経由便を含む4本の国際線が発着しています。国内便は札幌、福岡、鹿児島、沖縄便があり、それぞれ毎日1〜3便が就航しています。国際線は韓国・ソウル、中国・上海及び武漢、台湾・台北線で、それぞれ週に3〜4便が就航しています。航空会社は韓国ソウル線が全日本空輸とアシアナ航空のコードシェア便で、利用空港は韓国の仁川国際空港です。利用機材は155席のエアバス320と177席のエアバス321-200です。中国武漢及び上海線は日本航空と中国東方航空のコードシェア便で、利用空港は上海が上海浦東国際空港、武漢が武漢天河国際空港です。利用機材は166席のボーイング737-800です。台湾線はチャイナエアラインで、利用空港は台湾桃園国際空港です。利用機材は187席のボーイング737-900です。他にも2015年5月には約5か月間、天津から天津航空によるチャーター便が運航されますが、これは日本訪問の中国人旅行者限定で、日本からの利用はできないことになっています。